社章も作れるオリジナルバッジ業者

会社ではシンボルとなるマークをバッジにして社員がスーツに付けています。これがあればどの企業に属している人間なのかを把握することができるので作っておいて損はないといえるでしょう。オリジナルバッジ業者では社章の作成にも対応してくれるので大変便利です。 作ってくれる業者はクライアントのデザインを優先してくれます。グラフィックだけでなく形状も考慮して作ってくれるのでこだわりのバッジを作りたいときにも役立つでしょう。使用する材質に関しても複数のものから選択することができます。今回はオリジナルバッジ業者で社章を作ってもらいたい人におすすめの情報を紹介するので知っておくといいでしょう。業者の選び方からどんなサービスをしているのかを知っておけば利用もしやすいです。

具体的なバッジ製造サービスを知る

業者でバッジを作ってもらうときに気になるのは素材です。これは業者により違いがあるのですが、だいたい金メッキやロジウムの他にコンビといったものが利用できます。コンビはロジウムと金を混合したものです。 打ち合わせをしてデザインを決めたら製造に入りますが、どれくらい作るのか検討しましょう。基本的に製造数により販売価格は大きく変化します。小ロットにも対応しますが一個あたりの単価が高くなるのが特徴です。逆に大量生産をすると一個あたりの単価がかなり安くなる傾向があります。これに加えて金型の違いで価格が変化する仕様です。業者の用意した円形や四角形の定形金型だと安価な金額で利用できます。特殊形状に対応できる変形金型ならちょっと高めの金額設定をしているのが特徴です。

業者はどこがいいのか選び方も紹介

バッジ製作をしてもらいたいときに時間がないのなら納期を重視するのが良いです。作成業者では製造内容により納期が変化します。デザインは業者により扱いが違っているのでなるべくシンプルなものを作ってもらえるところがよいです。シンプルタイプのバッジなら納期も1週間くらいとなっています。逆にこだわりすぎると納期が遅くなってしまうので用途に応じて選ぶのが基本です。 デザインができないという方はロゴの提案をしてくれる業者にするのがおすすめです。複数のロゴを提案してくれるのでデザインを最初に見てから購入できるのが魅力です。ロゴ提案をしてくれる業者はプロが在籍してデザインを行ってくれます。また提案だけだと無料で対応してくれるので余計な費用を支払わなくても良いでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

オリジナルバッジは数が多くなるほど単価が下がります

オリジナルバッジには会社の中で働く従業員に支給する社章を初め、イベントなどで参加者に配布するバッジ、学校の部活動の中で全員が付けるバッジなど、他にないオリジナルのバッジを意味しています。従来、オリジナ...

社章も作れるオリジナルバッジ業者

会社ではシンボルとなるマークをバッジにして社員がスーツに付けています。これがあればどの企業に属している人間なのかを把握することができるので作っておいて損はないといえるでしょう。オリジナルバッジ業者では...