レーシック治療の効果

視力矯正の方法は、めがね、コンタクトレンズを装着する等、角膜の外に医療器具を装着して視力を矯正しておりました。しかし、アメリカから導入されたレーシックの視力矯正方法は、角膜の表面を薄く剥ぎ取り、レンズ面をレーザーで削ることでレンズの屈折率を変えて視力を矯正するのです。角膜の内側を外科的な手術で矯正するのがレーシックなのです。この手術方法で視力は1.0以上に回復する人もおります。この視力矯正方法は、公的な医療保険の適用を受けることができず、すべての治療費が自己負担になります。この治療の最大のメリットとしては、裸眼で視力が矯正できる点にあります。レーザーを目に照射することで失明の危険性を心配する人がいますが、この治療によって失明した人はいないのです。有名プロスポーツ選手もこの治療で視力が回復しております。

大震災とレーシック治療のメリット

レーシック治療は外科的な手術でもって視力を回復する方法です。角膜の表面を薄くはがし、レーザー光を照射して角膜のレンズ面の曲率を変えて視力を回復させるのです。レーシック治療によって裸眼で視力が1.0以上になりますし、人によっては2.0になる人もいます。今までの視力矯正方法ですと、コンタクトレンズ、めがねを装着する方法でした。しかし、コンタクトレンズは連続装用はできません。使用しないときには、専用の洗浄液、保管ケースに入れて保管しないといけません。東日本大震災では、洗浄液が確保できず、困った人が多かったのです。また、めがねですと、神戸大震災のように夜の地震ではめがねを紛失したりして避難生活で困った人も多かったのです。一番が裸眼での生活なのです。裸眼で視力が矯正できるのは、普段の生活だけでなく、災害時にも大変メリットがあるのです。

レーシック治療を行うタイミング

レーシックは目の角膜のレンズ面をレーザーで削る視力矯正方法です。角膜のレンズ面をレーザーで削り、レンズの曲率を変えることで視力を矯正するのです。この治療のメリットとしては、裸眼で視力が回復する点にあります。しかし、誰しもこの治療を行えるわけではありません。子供はできないのです。それは子供のときは視力低下が進んでいるからです。視力低下が進んでいるときに治療を行ってもさらに視力低下が進行するからです。ですので、レーシック治療を行うタイミングとしては、視力低下が止まった大人になってからがいいでしょう。視力低下が止まったかどうかを判断するのは、眼科クリニックでの判定が必要になります。また、レーシック治療を行えるかどうかは、眼科で事前検査が必要になります。しっかりとカウンセリングをして納得してから治療を行うことをお勧めします。

近視、乱視、遠視だけではなく、強度近視、強度乱視、さらに老眼にまで対応しています。「眼が悪い」と言っても、その症状や視力は人によって千差万別!レーシック治療はそれぞれ人によって治療法が異なります!"遠くが見えづらい方、モノが重なって見える方、近くが見えづらい方は是非レーシックを!! "当サイトでは、目の仕組みをわかりやすく説明し、視力回復トレーニング情報も満載です!気になるレーシック情報はこちらでチェック!