がん免疫細胞療法の特徴

がん免疫細胞療法が注目を集めています。これは、がん細胞と戦ってくれる免疫細胞の量を増やしたり、活動性を上げることによって、がんの進行を少しでも抑えようという治療方法になります。完全にがんが治療できることは少ないのですが、寿命が伸びたり、治療がやりやすくなったりという効果があります。そもそも人間の体にはいくつかの免疫細胞がありますから、それを採取して培養し、また体に戻すだけでもがんの進行速度は大きく変わってきます。いわゆる自然治癒の力を最大限に利用しようというわけです。これだけでは完全に治療が成功するわけではありませんし、外科的な手術や放射線治療と平行して行うべきものだとされています。新しい細胞が研究されていて、日々進化を見せている治療方法だと言えます。将来的にはこれだけでもかなりの効果が挙げられると見込まれています。

免疫細胞療法のメリット

免疫細胞は人間が体の中に持っている、病気の予防機能です。外部からのウィルス、最近に対して、攻撃して体を病気から守る働きをしております。ウィルスだけでなく、実は癌の細胞にも攻撃を行っています。正常な人でも癌細胞はできるのですが、免疫細胞が癌細胞に攻撃をかけているから、体が衰えたり、免疫機能が低下すると、癌のような病気にかかるケースが増えてきます。免疫細胞は、従来持っている免疫細胞を一旦取り出し、外部で培養して体に戻します。免疫機能がアップしますので、がん治療以外にも効果が期待できますし、自分の細胞ですので、抗がん剤のような副作用もありません。副作用によって、日常の生活ができないのが、現在の投薬治療、放射線治療です。普段の生活ができるので、働きながら治療ができるのがこの免疫細胞療法の最大の長所です。

免疫細胞療法とはどのようなものか

近年2人に1人がなると言われているのが癌です。癌は悪性腫瘍のことで発見が遅れると多くが死に至る恐ろしい病気です。これまでは手術で切除したり抗ガン剤や放射線治療が主な治療方法でしたが近年になり、免疫細胞療法というものも活用されるようになりました。この免疫細胞療法とは自己の免疫を強化した細胞を身体に戻し悪性細胞を攻撃するという治療方法です。癌は自己の免疫細胞が見つけられなかった場合に増殖する為それを見つけられるよう強化します。この治療によって得られるメリットは副作用が非常に少ないということです。微熱が出る人やアレルギー反応を起こす人が稀にいるのみで大きな副作用がありません。これらのことから患者の体力を奪わずに済み、更に抗ガン剤の効果を引き上げる可能性もあると言われています。この治療方法が更に進歩すれば癌に恐れなくても良い時代が来るかもしれないと言われています。

治療の手立てがない方にも前向きな治療を提案します。 特許技術による樹状細胞ワクチンを提供しています。 遺伝子レベルであなたのがんの特性を把握し、どんな段階でも、最良の治療を提案します。 がんで化学療法を受けずに樹状細胞ワクチンなどの療法でがんを克服した例もあります。一度ご覧ください。 地下鉄「九段下駅」徒歩3分、東京駅からタクシーで約10分。ホテルグランドパレス隣りに位置しています。 免疫細胞療法をご提案いたします